その他地域>ポルトガル

「その他地域>ポルトガル」の有益情報をお届け!

青色讃歌

チェルシー、サッカー日本代表、なでしこ、青色、BLUE,ブルー

ボスニアの得点力は侮れない




W杯予選 
欧州
2009年10月20日時点


プレーオフ抽選結果

ポルトガルvs.ボスニア・ヘルツェゴビナ
アイルランドvs.フランス
ロシアvs.スロベニア
ギリシャvs.ウクライナ
(左側の国が第一戦をホームで戦う)

うぅ〜〜〜ん
ポルトガルはボスニアでしたね

アイルランドやウクライナよりは
まあまあ良い結果かなとも思いましたが


ボスニアMFミシモビッチのコメント
「ポルトガルは世界最高の代表チームの1つだ。
ボスニア・ヘルツェゴビナはアンラッキーだと言えるだろう。
僕たちの大きなアドバンテージは、
第2戦をホームで戦えることだ。
まずは第1戦で良い結果を残すことが大変重要だ。
ファンの後押しがあるホームの第2戦に勝負を持ち込むことができれば、
何が起きてもおかしくない。
ポルトガルが有利なことに違いはないが、
前評判で上回るチームが常に勝利を収めるとは限らないことは、
歴史が証明している」

一方ポルトガルのケイロス監督のコメント
「10試合で25得点も挙げたチームを侮れるわけがない」
「われわれは、重くのしかかるプレッシャーにも十分に耐え、
期待に応えるプレーを見せられるだけの選手をそろえている」


そうなんですねぇ
でボスニアの予選結果を調べると

(勝ち 引き分け 負け 得点 失点)

ポルトガル    5  4  1  17  5

ボスニア     6  1  3  25  13


もちろん2国の対戦相手も違うし
数字でだけでの比較は危ういものだけど・・・

失点も多いけど
この25得点は

34のイングランド
28のスペイン
26のドイツ

に次ぐ得点なんですね
(2試合少ないオランダは対象外)

グループ5の予選は
王者スペインに2敗
トルコに1分け1敗と
脆さもあるんだが

ベルギーを含めたその他の国に全勝と
取りこぼし無しというのが
トルコとベルギーより
勝ち点が上に来れた要因でしょうね

アイルランドと対戦するフランスも厳しいけど
フランスは2戦目にホームで戦える・・・

ポルトガルはホームでの1戦目
得点力のあるボスニア相手に
無失点で勝ちきる事が重要になりそうですね





FIFAはポルトガルに優しかった




W杯予選 
欧州
2009年10月15日時点


無事
ポルトガルは
ホームでマルタに4-0の完勝
波乱なく2位になれてよかったです

ダイジェストしか観れませんでしたが
Cロナウドの欠場も問題なかったようだし
デコも活躍したみたい・・・
第一関門突破ですね

これで
プレーオフに進む2位の8チームも出揃いました

16日発表されたFIFAランキングによって
8チームを
上位4チームと下位4チームに分け
19日に組み合わせ抽選

これで
一番危惧していた
ポルトガルとフランスの対戦はありません

もともと大丈夫だったんでは・・・
という疑問もありますが


2位チームのランキングの推移(右が今回)

ポルトガル
17→10

ギリシャ
12→16

スロベニア
54→49

ロシア
6→12

ボスニア・ヘルツェゴビナ
46→42

ウクライナ
25→22

フランス
10→9

アイルランド
38→34


今回の結果からしたら問題なかったけど
グループ6の2位がクロアチア(9→8)で
前回のランキングのままだと
8チームの中で5位だったんだよね

ロシアはドイツとの大一番に負けているけど
ポルトガルが勝ってる相手が
ハンガリー(50位)とマルタ(146位)
ギリシャが勝ってる相手が
ラトビア(47位)とルクセンブルグ(133位)


このランキング推移
FIFAの作為を感じてしまうのは
・・・ちょっと深読み過ぎかな


なにはともあれ
19日に対戦相手が決まり
1ヶ月後にホーム&アウエーでプレーオフ

南アフリカ対日本もあるけど
11月14&18日で
全て決まるんですね


最後に
残念だったね・・・・・ツェフ






ポルトガル青色信号




W杯予選 
欧州
2009年10月12日時点

本題に入る前に・・・

まずは

ドイツW杯出場おめでとう
というかバラックおめでとう
ここグループ4はロシアとの決戦で決まったので
複雑な気持ちだけど・・・

そして

セルビアW杯出場おめでとう
イバノビッチおめでとうだね
ここグループ7も2位がフランスなので
またまた複雑な気持ちだね

これで欧州は
イングランド勢に続き
チェルシーからは
プラス2名の出場決定

うれしい限りです


さてさて
懸案のグループ1

ポルトガルはホームでハンガリーに勝利
前節ハンガリーのホームで勝っているので
大方の予想通り

もう一方の
デンマーク - スウェーデンも
予想通りのガチンコ勝負
結果はデンマークが勝ちグループ1位抜け決定

その結果

グループ1組は

順位表     勝点

デンマーク    21
ポルトガル    16
スウェーデン   15
ハンガリー    13
アルバニア    7
マルタ       1

残り試合(左がホーム)

10/14 デンマーク - ハンガリー
10/14 ポルトガル - マルタ
10/14 スウェーデン - アルバニア


勝ち点差1ながら
すっかり
ポルトガルとスウェーデンの立場が
入れ替わってしまったね

最終節で勝ち点が並ぶ事もないので
得失点差も
もう関係ありません

「青信号」
とはいっても
プレーオフ出場の「青信号」ですけどね

最終節の相手関係考えても
もう順位の変動はないでしょう

Cロナウドが負傷退場で
次節欠場の可能性も・・・
と報道されていますが
さほど影響があるとも思えません

やはり
前節にデンマークがアルバニアと引き分けてくれた事が
ポルトガルにとっては
幸運でした

スウェーデンも
38歳のラーションを使わねばならないあたり
辛い選手層なのかなぁ
と感じました

残念だけど
さようなら
ズラタン・イブラヒモビッチ
かな

もちろんサッカーなので
100%ではありませんが
ここからは
プレーオフを考えなければなりません


それぞれのグループの2位決定国と
2位可能性国は

グループ1
ポルトガル

グループ2
スイス か ギリシャ

グループ3
スロバキア か スロベニア

グループ4
ロシア

グループ5
ボスニアヘルツェゴビナ

グループ6
ウクライナ か クロアチア

グループ7
フランス

グループ8
アイルランド


グループ3は数字的に
ツェフのチェコも可能性があるんだが
最終節の対戦カード考えると
ほぼノーチャンス

その他
同じように数字上は可能性があっても
対戦カード考えて入れていない国もあります

となりそうなので
2位の8チーム中
半分の4チームなんですよね
出場できるのは・・・


昨シーズンお世話になったヒディングと
ジルコフのいるロシア

チェルシー選手いっぱいのポルトガル

アネルカとマルダのいるフランス


どうかこの3国の直接対決になりませんように・・・
お願いします
サッカーの神様・・・




タグ:チェルシー

ポルトガル黄色信号





W杯予選 2009年09月09日時点

イングランドW杯出場おめでとう

ホームでクロアチアに5-1の完勝
こちらもNHKBSで放映してくれたので
観戦したのだけど
ホントに圧勝だった

日本となにかと縁のあるクロアチアだけど
この日精彩を欠いていた
・・・というか
イングランドの好調さにひたる方がよいかな

ゴールも

ランパード
ジェラード
ランパード
ジェラード
ルーニー

で5点なら文句なしです
リーグ戦でも好調なレノンがこの調子だと
ベッカムはスーパーサブでしょう

2位争いはクロアチアとウクライナでしょうが
この試合を観る限り
クロアチアが2位を守れるか
心配です

なぜなら
クロアチアが本戦出場果たしたら
是非同じ組になって日本と戦わせたい
W杯アウエー3連続でリベンジを・・・

とにもかくにも

ガーナの
エッシェンに続き
ランパード
テリー
アシュリーコール
ジョーコール

グレンジョンソン(元)

のW杯出場が決定

うれしい限りです


さてさて
懸案のポルトガル

ダイジェストだけなので
メンバーもはっきりわからないけど

アウエーだけど無事1-0で勝ちました
ペペのヘディングだったけど
FKを蹴ったデコのボールが素晴らしかった
しかし後半早々そのデコは負傷退場
心配です

予想に反して
デンマークがアルバニアと引き分けたので



W杯予選欧州1組は

順位表     勝点

デンマーク   18
スウェーデン  15
ポルトガル   13
ハンガリー   13
アルバニア   7
マルタ      1

残り試合(左がホーム)

10/10 ポルトガル - ハンガリー
10/10 デンマーク - スウェーデン
10/14 デンマーク - ハンガリー
10/14 ポルトガル - マルタ
10/14 スウェーデン - アルバニア

今節までの得失点差

ポルトガル  +5
スウェーデン +6


いまだに首の皮一枚ですが
前節が終わった時点より
ほんの少しだけ光が射しました

次節のデンマーク - スウェーデンは
北欧同盟とか言ってられません
間違いなくガチンコ勝負です

・・・で
ポルトガル自体がハンガリーに連勝はもちろんの事
(ってなんで予選のこの時期同じチームと連戦なんだろ?)

デンマークがスウェーデンに勝ってくれたら大チャンス
デンマークがスウェーデンに負けたらほぼノーチャンス
デンマークとスウェーデンが分けたら・・・
得失点差になる可能性があるので
次節同じハンガリーとホームで対戦なので
たくさん点を取って勝ちましょう

ちょうど
1ヶ月後が楽しみですね

近年その実力を発揮してきたポルトガルと
2008年の欧州選手権では予選敗退のイングランド
逆の立場にならない様
願っています

ポルトガル赤色信号




オランダの監督さえも
先日初めて知った私ですが
ポルトガルの監督は
カルロスケイロスなんですね

ベンゲルの後を受け
短期間グランパスの監督もしていたし
レアルマドリーの監督もやっていたので
そこそこの知名度かな・・・

NHKBSで放映してくれたので
観戦したんですが
終始試合を押し気味に進めていたのにもかかわらず
決定機を逃してた

デコ
頑張ってた
後半の息切れはいつもと一緒だけど
効果的なスルーパスもあったし
やっと蹴らせてもらったFKもおしかった

カルバーニョ
頑張ってた
まぁ引き気味の相手だったけど
攻撃参加も頻繁にしていたし
インターセプトの回数もかなりあった

ボジングワ
頑張ってた
レギュラーシーズンより
頻繁に内に切れ込む事が多かったのは
連携がイマイチだからかなと思ったけど

Cロナウド
頑張ってた・・・けど冷静さが足りなかった
昨シーズンの出来だったら
FK含めて2〜3点決めていたでしょう

ポルトガル代表に詳しい訳ではないんだけど
レアルマドリーのDFペペを
ボランチで使わなければならないのだから
何かしら問題があるんでしょうね

ペペの攻撃参加の連携は
お世辞にも良かったとは言いがたかったし
最後のカードがヌーノゴメスとは・・・
ナニも本調子ではなかったしね

一方デンマークは
まだまだトマソンが頑張っているし
(フェイエノルトに戻っていたんですね)
組織力が素晴らしく
ベントナー(アーセナル)がここ一発を決めてた


これで 
W杯予選欧州1組は

順位表     勝点

デンマーク 17
ハンガリー 13
スウェーデン 12
ポルトガル 10
アルバニア 6
マルタ 1

残り試合
9/9 ハンガリー - ポルトガル
9/9 マルタ - スウェーデン
9/9 アルバニア - デンマーク
10/10 ポルトガル - ハンガリー
10/10 デンマーク - スウェーデン
10/14 デンマーク - ハンガリー
10/14 ポルトガル - マルタ
10/14 スウェーデン - アルバニア

超〜〜〜厳しいです・・・ポルトガル

上位4チームは
それぞれ残り3試合残している
もちろんサプライズもあるかもしれない
・・・けど普通に考えると

次節
スウェーデンとデンマークが順当に勝つと
もうポルトガルはデンマークに追いつけない

最終節のスエーデンも順当に勝つと考えたら
ポルトガルが頑張って3戦全勝しても
キーポイントとなる試合は
10月10日のスウェーデン×デンマーク戦なんですね

次節は無理でも
10月にはパウロフェレイラも戻ってくるでしょう

チェルシーファンとしては

デコ
カルバーニョ
ボジングワ
フェレイラ
チアゴ
(元)

が観れないW杯は

悲しすぎです

北欧連合に負けるな・・・ポルトガル














ポルトガルでの再会







ベンフィカとの3シーズンにわたる契約にサインをした
アルゼンチン人FWハビエル・サビオラは、
「ベンフィカのコーチ陣から信頼されていると感じられたことが、
ここで新しいスタートを切るきっかけになった
チームにとって『僕の存在が不可欠で重要である』と思われたい」
「僕は試合に出てプレーがしたいんだ。
そしてアルゼンチン代表に復帰したい。
だから、試合に出られるのなら、年俸が下がることも気にならない」

現在ベンフィカのテクニカル・ディレクターを務める
マヌエル・ルイ・コスタや、
同郷の大親友でもあるパブロ・アイマールの助言が、
同クラブへの移籍を後押ししたことを強調した。
「ルイ・コスタやアイマールの助言で、
僕がベンフィカでとても必要とされていることを
感じることができた。
できることなら、アイマールと2人で、
リバープレートにいたときのように、
良い化学反応を起こして大活躍したい」
(C)MARCA.COM


「ウサギちゃん」の愛称で親しまれてる
サビオラが
出場機会を求めて
ポルトガルに渡った

2001年に鳴り物入りで
本国のリバープレートからバルセロナに移籍し
2001〜2004年の3年間は
なかなかの活躍をみせた
(2001-2002シーズンはバルセロナで17得点)

2003-2004シーズン後半から
出場機会に恵まれなかったサビオラは
2004-2005年にはフランスのモナコにレンタルされ
翌2005-2006年にはセビージャへレンタルされた

2006-2007シーズン
バルセロナに戻ったが
この年はほぼ飼い殺し

そして
2007-2008シーズンから
本来なら禁断の
バルセロナ〜レアルマドリーへの移籍を決行
(まぁ不必要なブーイングはあまりなかった
・・・というか
マドリーでも出場機会に恵まれなかった)

今年の移籍市場では
リバプールやトルコリーグや
はたまた中東まで名前が上がっていたが
大親友アイマールがいるベンフィカに決めたんだね

サビオラとアイマールは
私のお気に入りだ
ともに2001-2002シーズンからの数年間の
バルセロナとバレンシアでの活躍は忘れられない

アイマールも昨シーズン後半から
復活の兆しとの声が聞こえてきている

残念ながらベンフィカは
ポルトガルリーグで3位だったので
チャンピオンズリーグには出てこないが
ヨーロッパリーグ(旧UEFAカップ)での活躍も期待したい

ポルトガルリーグのマリティモには
浦和から昨シーズンから移籍している
相馬崇人もいるしね

いっそのこと
中村俊輔のいなくなった
スコットランドリーグは放映しないだろうから
ポルトガルリーグ放送してくれないかな・・・





スタッフの人柄
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。