J リーグ

「J リーグ」の有益情報をお届け!

青色讃歌

チェルシー、サッカー日本代表、なでしこ、青色、BLUE,ブルー

J リーグ:カテゴリの記事一覧です。

城福采配の執念実る

2009年11月03日(祝)
ナビスコ杯
決勝
国立競技場   

FC東京 (H)  2−0 川崎フロンターレ (A)

得点者
22分  米本
59分  平山


ナビスコ杯
決勝
国立競技場へ
生観戦

石川が出場できなくて
長友も万全ではなく先発落ち
下馬評では
圧倒的に川崎有利の状況下

予想通り立ち上がりは
川崎優勢も
決定機を何度か外してくれたおかげで
序々に落ち着きを取り戻す東京

力関係が落ち着いた
前半22分
左サイドから思い切り良くミドルを打った
米本のシュートは
川崎GK川島の手をはじいて
ゴール
東京先制点

前半は一進一退のまま終了も
後半に入ると
エンジンをかけなおした川崎が
再び優勢気味に試合を運ぶ

しかし
後半14分
東京のカウンターが見事に決まり
平山がヘッドで2点目をゲット

ここからは
攻める川崎
守る東京
・ ・・と色分けが鮮明に

2点目を上げた後の
城福采配がすごかった

赤嶺に代わって長友は
長友をサイドに置いて
鈴木を上がり気味に使えばよいとして

羽生に代わってDFの平松
今野をストッパーに上げるかと思ったら
先発4バックはそのまま
この時点で5バック

終了間際には
鈴木に代わってDF佐原
最後は6バックだよ
(もちろん6人がフラットに並んだ訳ではありませんが)

これだけ勝利に執念を燃やした事が
最終的に勝敗の分かれ目になったのだと思う

この執念の采配以前にも
東京のDFは集中力を欠く事はなかった
そればかりか
時間追うごとに集中力を増していったように感じた

後日談でサッカー友から聞いた話だと
生え抜き選手の退団とそのエピソードが
選手のモチベーションを
最大限高めたとの話でした

一方川崎は
この試合はあまりまとまりがなかったな
自慢の前線もハマルと大量得点があるけど
攻めのバリエーションが少なかった

なにはともあれ
タイトルが決まる試合に現地観戦できることは
ホントにいいものです
それも応援している方が勝つとね

米本は
かなりすごい
順調にいけば
きっと代表クラスの選手になると思う

18歳だもんね
おしかった
17歳だったらなぁ

長期契約結んだみたいだけど
海外にチャレンジ出来る可能性が出たら
笑顔で送り出してくださいな
東京さん

これで
「スルガ銀行チャンピオンシップ」
出場権ゲットです

はい
私も
まったく知りませんでした
これもサッカー友に教えてもらいました

コパスダメリカーナの勝者と戦えるんですね
今年も8月
地味〜〜〜に
大分 VS インテルナシオナル
戦っていましたね

来年はどこが来るかわからないけど
インテルナシオナルくらいのチームが来てくれれば
言う事なしですねぇ
そのチームとガチンコの試合を
味スタか国立で見れるとなれば嬉しい事です

出来ることなら
ACL は
天皇杯優勝チームと
Jリーグ3位までのチームが被ったら
Jリーグ4位のチームに出場権ではなくて
ナビスコカップ優勝チームが繰り上がりが
いいんですけどね








・・・
タグ:FC東京

Comment(2) | TrackBack(0)
カテゴリー:J リーグ
エントリー:城福采配の執念実る

羽中田昌を・・・日本代表監督へ

2009年10月11日
天皇杯
2回戦
味の素スタジアム   

FC東京 (H)  4−0 カマタマーレ讃岐 (A)

得点者
10分  梶山
16分  鈴木
35分  ブルーノ・クアドロス         
42分  赤嶺


久々の生観戦
味の素スタジアムへ

長友も
今野も
石川も
徳永も
いません

いい〜〜んです
ナマ羽中田昌監督を見るんです

まずは
「カマタマーレ讃岐」
将来 J リーグ入りを目指す四国社会人リーグ
J1〜J2〜JFL〜の次なので
実質4部と考えてよいと思う

名前の由来は
讃岐饂飩の「釜玉うどん」に
瀬戸内海のマーレをドッキングで
カマタマーレ

3〜4年前の讃岐饂飩ブームで
関西圏のみならず
関東圏でも随分認知度も高まった讃岐饂飩だけど
なぜか「釜玉うどん」はまだまだメジャーになってない





「釜玉うどん」
茹であげたうどんを、
生卵とざっくりあえて醤油(又はダシ)をかけて食べます
ほどよく半熟になった卵がうどんとからまり
醤油味もマイルドに・・・
薬味は葱と生姜くらいで
思わず一気にかき込んでしまう美味しさです


羽中田昌監督
生年月日 1964年7月19日(45歳)
出身地 山梨県甲府市

1995年
スペインのバルセロナに渡る
2000年に帰国後は
主にテレビのサッカー中継や
スポーツ誌などで解説者として活動
スカイパーフェクTV!のサッカー中継番組で
主に海外サッカーの解説を担当する傍ら、
暁星高等学校サッカー部のコーチとして指導に当たった
2006年9月
日本サッカー協会の
S級ライセンスを取得した(身体障害者としては史上初)
2008年シーズンから
将来Jリーグ入りを目指す四国社会人リーグの
カマタマーレ讃岐の監督を務める

上記は
あまりにザックリなので
お時間のある方は
動画をどうぞ






試合は
立ち上がりからFC東京が圧倒し
前半で4-0
DFが東京のスピードについていけない

2失点後
さすがの羽中田監督も
車椅子でピッチのライン際まできて
ゲキを飛ばしていた

このまま後半に向かえば
6-0か7-0かと思われたが
カマタマーレ讃岐は
後半に失点しなかった

たしかに
バーとポストに助けられた点もあるし
平山と赤嶺が決定的場面を
はずしてくれた面もある

しかし
明らかに前半より落ち着きがあったし
ピッチをワイドに使えるようになってたね
左SBの選手などディフェンス力は弱かったものの
攻撃面では非凡なところを見せていた

カマタマーレ讃岐は
この試合で成長したに違いない
次回いつ見られるかはわからないけど
密かに応援しています


というか

羽中田監督を
日本代表監督に・・・
っていうのはどうでしょうか??

もちろん
岡ちゃんの替わりにっていうのも
まだ出れるかわからない2014ブラジル大会でっていうのも
現実的では無い事は十分承知しています

なので
開催国も決まっていない
2018年です
今年から予備期間が5年あって
出来たらその5年間で
カマタマーレ讃岐をJ2くらいまで上げてもらって
2015年から日本代表監督

なんて夢を
描かせてくれるんだよなぁ
がんばれ
羽中田監督


PS
たまたまご縁があって
(ご本人とは面識はありません)
羽中田さんのバルセロナサッカー留学時代の
住んでいた住居を拝見した事があって
思い入れのある事を記しておきます


スタッフの人柄
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。