3試合連続1−1のドロー

「3試合連続1−1のドロー」の有益情報をお届け!

青色讃歌

チェルシー、サッカー日本代表、なでしこ、青色、BLUE,ブルー

3試合連続1−1のドロー



2011-2012   
プレミアリーグ
Week 18   

チェルシー (H)  1−1 フルアム (A)

得点者
47分 マタ
56分 デンプシー

先発
01 ツェフ
03 コール
04 ルイス
17 ボジングワ
26 テリー
06 ロメウ
08 ランパード
16 メイレレス
09 トーレス
10 マタ
23 スタリッジ

交代
62分 08 ランパード   →  15 マルダ
71分 23 スタリッジ   →  11 ドログバ
81分 17 ボジングワ   →  19 フェレイラ

控え
22 ターンブル
11 ドログバ
15 マルダ
18 ルカク
19 フェレイラ
20 マクイークラン
21 カルー



ビラス・ボアス監督

「我々はストライカーたちのゴールを期待している。
チームは多くのゴールチャンスを外してしまった。
(だが)最も大切なのは、
ストライカーがチャンスを得たときにそれを決めることだ。
トーレスには前半にビッグチャンスがあった。
それらを決めるように願っている」

「かなり難しい。
ホームでの試合(フラム戦と次節アストン・ヴィラ戦)で
勝ち点6を取れれば、
良い12月になっていたんだがね。
今日のドローと、
シティやマンチェスター・ユナイテッドが
彼らの仕事を続けるであろうことを考えれば、
難しい」

「我々が勝ち点差を7まで縮めたのはそう遠い昔じゃない。
だが、彼らが勝ち点を重ね続ければ、難しいだろう。
現状、おそらく我々にとってプレミアリーグは終わりだ。
現実的にならなければいけない。
13ポイント差で間違った期待を持つことはできないよ」
(C)goal.com


47分
左からのクロスを
F・トーレスがうまくキープして落とすと
マタが左足で流し込で先制

56分
前線に飛び出したセンデロスが絡み
右サイドからB・ルイスがクロスを送ると
中央でデンプシーがこれに合わせフルアム同点

その後
チェルシーはゴールを目指すが
ストックデールの壁を
崩すことができなかった

87分のメイレレスのヘッド
直後のCKからのテリーのヘッド
89分のマルダのミドルシュート
さらにロスタイムのドログバのFK

いずれも
フラムの守護神に防がれた

これで
怒涛の5連戦
3戦連続ドロー
しかも全てスコアは1−1

前節のスパーズ戦はともかく
ウィガン戦とこの試合は
先制しての
追いつかれた試合

痛いですね
まったく

トーレスのコンディションは
確実に
上がってきていると
思うんですが

前半15分のように
スーパートラップからのシュートも
キーパーの正面をついてしまうなど
相変わらずツキが無い

フルアムでは
元リバプールの
マーフィーとリーセが
まだまだ頑張っているので

是非とも
トーレスに決めて欲しかったけど・・・

もう2試合
過密日程ですね


タグ:チェルシー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スタッフの人柄
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。