バレンシアに完勝で首位通過

「バレンシアに完勝で首位通過」の有益情報をお届け!

青色讃歌

チェルシー、サッカー日本代表、なでしこ、青色、BLUE,ブルー

バレンシアに完勝で首位通過



2011-2012   
チャンピオンズリーグ
グループE
6回戦

チェルシー (H)  2−1 バレンシア (A)

得点者
03分 ドログバ
22分 ラミレス
31分 ドログバ

先発
01 ツェフ
02 イバノビッチ
03 コール
04 ルイス
26 テリー
06 ロメウ
07 ラミレス
16 メイレレス
10 マタ
11 ドログバ
23 スタリッジ

交代
66分 07 ラミレス   →  12 ミケル
69分 31分 ドログバ  →  09 トーレス
80分 10 マタ     →  15 マルダ

控え
22 ターンブル
08 ランパード
09 トーレス
12 ミケル
15 マルダ
19 フェレイラ
21 カルー


ビラス・ボアス

「フェアに見て、我々の守備は悪くない。
プレミアリーグのここ4試合で、3回は無失点だ。
我々はとても良くなっている。
選手たちにはたくさんの批判があった。
彼らは、そういったものにこたえたね」

「批判をする人間が私について何と言おうが、
大事なことじゃない。
チェルシーがグループリーグを首位で終えて、
次に進んだことが大事だ。
(決勝トーナメントの)抽選を待つよ。
選手たちは、この結果を得るために力を尽くした。
とてもうれしいことだね」

「良い感情は、
シティ戦に向けてのフィジカルの回復に有効なはずだ。
相手はとても良いチームだが、
我々にもチャンスはある。
難しい試合になるね。
しかし、それは我々次第だよ」


ドログバ

「大きなプレッシャーがあったね。
グループリーグの開幕から、
最後まで4チームで争わなければいけない。
僕たちは、首位でグループリーグを終えるチャンスがあった。
そのことをポジティブに考えて、
良い結果をつかもうと思っていたよ。
プレッシャーがプラスに働くこともあるね」

「僕の調子は上がっているよ。
今シーズンはそれほど多くの試合に出ていなかった。
でも、ここ3試合は長い時間起用されている。
それがフィットネスの向上につながっていると思う」
(C)goal.com


4分
エリア内左でクロスを受けたマタが
センターへに
ドログバが決めて先制

21分
ドログバのスルーパスから
最終ラインを抜け出したラミレスがゴールで
2−0

74分
マタのスルーパスから
ドログバがDアウベスとの1対1を制し
チェルシーの3−0

3得点共
バレンシアのDFが
浮き足立っていた
っていう印象ですね

マタにとっては
やり難かったと思うけど
そこはプロ
きっちり仕事をしてくれていました

マタがチェルシーに来ても
若くていい選手が躍動し
いいサッカーをしていた
バレンシアも

大一番というときに
やはり経験値が
少し足りなかったのかな
という事でしょうか

もっと
ハラハラする展開かとも思いましたが
プレースタイルも
DFを引き気味に戻し

終わってみれば
完勝でした

レバークーゼンが
ゲンクに引き分けてくれる
おまけもついて
無事1位通過ですね





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スタッフの人柄
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。