イバノビッチのアウトサイド高速クロス

「イバノビッチのアウトサイド高速クロス」の有益情報をお届け!

青色讃歌

チェルシー、サッカー日本代表、なでしこ、青色、BLUE,ブルー

イバノビッチのアウトサイド高速クロス



2011-2012   
プレミアリーグ
Week 11   

ブラックバーン (H)  0−1 チェルシー (A)

得点者
51分 ランパード

先発
01  ツェフ
02  イバノビッチ
03  コール
26  テリー
33  アレックス
07  ラミレス
08  ランパード
12  ミケル
10  マタ
15  マルダ
23  スタリッジ

交代
46分 15  マルダ   →  09  トーレス
83分 10  マタ    →  16  メイレレス
92分 07  ラミレス  →  06  ロメウ

控え
22  ターンブル
06  ロメウ
09  トーレス
16  メイレレス
17  ボジングワ
18  ルカク
21  カルー


ビラス・ボアス監督

「どんなコンディションであっても、
試合に勝つことが重要だった。
2−0だったらもっと良かったし、
追加点にも近づいたけど、
決めることができなかった。
それで少し苦しむことになったね。
だが、我々は無失点を保った」

「我々は勇敢に彼らの攻撃から守ったよ。
イーウッド・パークで戦うのは決して簡単じゃない。
特に、我々はプレミアリーグで連敗していたし、
ブラックバーンは勝ち点を是が非でも必要としていたからね。
決して簡単な試合にならないことは、
(ブラックバーンに3−4と敗れた)アーセナルが証明している」

「頭部の衝突はチェフにとって初めてではない。
だが、彼はすぐに大丈夫だというサインを送ってきた。
ハーフタイムに続行したいか聞いたら、
彼はイエスと答えたよ
。彼のチームへの献身ぶりや勇敢さを表しているね」

「ランパードはかつてのように、
ボックス内へ飛び込むタイミングを見つけたと思う。
ゴールをたくさん決めてくれているね」


ランパード

「トップを争うためには、
あまり勝ち点を落とすことはできない。
それほど厳しいものだ。
2連敗して知っていたから、
大事なのは勝つことだったよ。
僕たちは、
ひどい勝ち方をしても気にしない」

「昨シーズンは、
勝ち点15差のところまで開いてから、
優勝争いに戻った。
でも、ほかのチームも見ないといけない。
特にマンチェスター・シティのペースだね。
経験から考えて、まだ先は長い。
でも、あまりに高い山に登りたくはないものだよ」
(C)goal.com




地味〜〜〜な
試合でした

51分
イバノビッチが右サイドから
一度内に切れ込んで
右アウトサイドで中央へ

ランパードに
ドンピシャ

見所は
たったこれだけ

ただ
この数分前にも
イバノビッチ〜ランパードの
惜しいシーンもあり

結構
この2人の相性は
いいのかもね
右サイドにイバノの時は要注目かな

後は
相手監督の解任要望横断幕を
飛行機を使って掲げるのが
精一杯の話題とは

ホントに
内容も話題も乏しい試合

そうそう
アーセナル戦では
あれれ・・・っと思ったツェフが
心身共に復活でしたね

今期
初めての
クリーンシートでの
勝利

次節は
そこそこの大一番ですもんね


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/235003710
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スタッフの人柄
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。