イタリアンはもうお腹一杯

「イタリアンはもうお腹一杯」の有益情報をお届け!

青色讃歌

チェルシー、サッカー日本代表、なでしこ、青色、BLUE,ブルー

イタリアンはもうお腹一杯



2010-2011   
チャンピオンズリーグ
準々決勝
2nd leg


マンチェスターU (H)  2−1 チェルシー (A)

得点者
43分 エルナンデス
32分 ドログバ
33分 パク

先発
01  ツェフ
02  イバノビッチ
03  アシュリーコール
26  テリー
33  アレックス
05  エッシェン
07  ラミレス
08  ランパード
09  トーレス
15  マルダ
39  アネルカ

交代
46分 09  トーレス   →  11  ドログバ
61分 39  アネルカ   →  21  カルー
82分 33  アレックス  →  19  フェレイラ

控え
22  ターンブル
10  ベナユン
11  ドログバ
12  ミケル
18  ジルコフ
19  フェレイラ
21  カルー




アンチェロッティー

「前半の最初の25分は、我々が支配していたと思う。
しかし、ゴールが決まらなかった。何度かチャンスはあったがね。
そして、前半終了間際に先制されてしまい、厳しくなってしまったよ。
10人になった後で追いつくことができたが、それも十分ではなかった」

「我々のパフォーマンスは悪くなかった。
ただ、最終的に勝利にふさわしかったのは、
ユナイテッドだと思う」

「(F・トーレスについては)我々が信じなければいけない。
情熱を持って、彼がこれから良くなるのを待たなければいけないね。
ドログバは後半に見事なプレーをした。
彼の力と能力を生かして、ゴールを決めたよ。
途中出場だが、良いパフォーマンスだった」



ツェフ

「シーズン序盤は良いスタートを切れた。
それから大変な時期を迎えたね。
でも、ユナイテッドとのCL2試合では良いプレーができていた。
ファーストレグで少し運がなかったんだ。
ただ、どちらも試合も相手が勝っているし、
彼らが勝ち上がりにふさわしいと言わなければいけないだろう」

「僕たちは監督のためだけにプレーしているわけではないし、
オーナーのためにプレーしているわけでもない。
クラブ全体のため、サポーターのため、選手やスタッフのため、
チェルシーに関わるすべての人のためにやっているんだ」
(C)goal.com




今シーズン・・・も
チェルシーの
チャンピオンズリーグは
終わりました

ドログバの
同点シーンの瞬間だけ
熱く観戦する事が
できましたが

本当に
「瞬間」でした
ワクワク出来たのが
1分前後だなんて・・・

細かくは
不満も多々あれど
メンバー選考の事だけ
書いておきます

この日は
トーレス加入以来
試していた4−4−2を捨て
元の4−3−3(4−3−2−1)

でトーレスの1トップ
ならば
ラミレスの代わりに
ベナユン先発も有りだったよなぁ

ディフェンスのバランスを
どうしても考えるなら
マルダの代わりに
ベナユンでもよかった

っていうか
2点取らなきゃいけなかったんだから

玉砕覚悟で
アネルカ〜ドログバ〜トーレス
3枚先発で使っちゃうのも
有りだとおもったけどなぁ

まぁ
しょうがないね

昨季みたいに
「王道」
が嵌る時は
強さ発揮出来るけど

変化が欲しい時は
からっきしだもんね
アンチェロッティーは
さすがイタリア〜〜ン

えぇっっ
リッピが
チェルシーの監督
やってみたいって・・・

アンチェロッティーより
オールドスタイルの
イタリア〜〜ンは
勘弁してください




タグ:イタリアン
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます♪(´ε` )
Posted by パスタのレシピ at 2011年06月17日 11:05
> パスタのレシピ さん

コメントありがとうございました
返信遅くなり申し訳ない
ブログも拝見しました
がんばってくださいね
Posted by ブルーラブ at 2011年08月01日 04:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スタッフの人柄
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。