アルゼンチンで「島唄」の大合唱が聴きたい

「アルゼンチンで「島唄」の大合唱が聴きたい」の有益情報をお届け!

青色讃歌

チェルシー、サッカー日本代表、なでしこ、青色、BLUE,ブルー

アルゼンチンで「島唄」の大合唱が聴きたい



7月の南米選手権(アルゼンチン)に向け、
日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督(57)が
欧州組総勢22人のチェックに着手した
南米選手権については
東日本大震災の影響で出場辞退の方向だったが、
南米サッカー連盟が国際サッカー連盟(FIFA)に対し、
欧州のクラブ所属の日本人選手の招集を
完全保証する超特例の措置を要望。
欧州組だけでの参戦が現実味を帯びてきた。
その変更に対応してザック監督が動きだした。



【海外サッカーステッカー】◆予約◆PANINI 2011 サッカー南米選手権ステッカー(専用アルバム付き)


以下は
予想される22名

GK
川島 永嗣(28) リールス    (ベルギー)
林  彰洋(23) シャルルロワ  (ベルギー)
DF
相馬 崇人(29) コトブス    (ドイツ)
長友 佑都(24) インテルミラノ (イタリア)
槙野 智章(23) ケルン     (ドイツ)
内田 篤人(23) シャルケ    (ドイツ)
安田 理大(23) フィテッセ   (オランダ)
吉田 麻也(22) VVV     (オランダ)
MF
松井 大輔(29) グルノーブル  (フランス)
阿部 勇樹(29) レスター    (イングランド)
馬場 憂太(27) デュッセルドルフ(ドイツ)
長谷部 誠(27) ウォルフスブルク(ドイツ)
細貝  萌(24) アウクスブルク (ドイツ)
家長 昭博(24) マジョルカ   (スペイン)
本田 圭佑(24) CSKAモスクワ(ロシア)
香川 真司(22) ドルトムント  (ドイツ)
FW
坂田 大輔(28) アリス     (ギリシャ)
矢野 貴章(27) フライブルク  (ドイツ)
岡崎 慎司(24) シュツットガルト(ドイツ)
森本 貴幸(22) カターニア   (イタリア)
宮市  亮(18) フェイエノールト(オランダ)
カレン・ロバート(25)VVV   (オランダ)


以上の22名の他にも
始めにリストアップした28名には

ポーランド
ルーマニア
ラトビア
エストニア
ハンガリー

などでプレーする選手も
いたみたいですね

正直
小倉会長が
わざわざ現地まで行って
お断りをしたので諦めてましたが

ここにきて
急展開

報道通りなら
今度は逆に
かなりの確率で
出場しそうですね

世論は
おおよそ
75%が出場OKで
25%が出場NGだったようですが

個人的にも
75%の方だったので
楽しみが増えて良かったです
(まだ確定ではないですが・・・)

まぁ
Jリーグが大切なのは解りますが
アウエーでガチンコで試合が出来る機会は
そうは有りませんからね


それに
Jリーグの理念は

1) 日本サッカーの水準向上及び
  サッカーの普及促進
2) 豊かなスポーツ文化の振興及び
  国民の心身の健全な発達への寄与
3) 国際社会における交流及び 
  親善への貢献

なので
Jリーグの各チームが
反対するのも
いかがなものかと思っていました

(もちろん呼ばれる選手のいるチームと
いないチームがあって
不公平感があるのは理解できます)

最終的に
どうなるかは
まだわかりませんが

主催者側の
「復興支援の大会にしたい」
という申し出を
無下には断れなさそうですね

それより
個人的には

アルゼンチンの
満員のスタジアムで
日本人以外の
「島唄」の大合唱が聴きたいです


「島唄 Shima Uta」
2001年
アルゼンチンのマルチタレント
アルフレッド・カセーロ は現地の寿司バーで
偶然耳にしたTHE BOOMの「島唄」に感動し
その作者である宮沢和史に無許可で
しかも日本語でカヴァーし
アルゼンチンのヒットチャートで
異例の1位を獲得したことで
日本でもニュースとなり話題になった
それを知った宮沢は2002年春
急遽アルゼンチンに向かい
カセーロと初対面
折りしも日韓ワールドカップが開催され
カセーロの歌う「SHIMAUTA」が
アルゼンチン代表チームの応援歌となったことから
「島唄」が再び脚光を浴びることとなる





この記事へのコメント
「shimauta]懐かしい話ですねぇ

この歌を元・フリューゲルスのモネールが

「海の別れ♪」って間違えて歌ってたのを思い出した(笑)

そうか、その歌をアルゼンチンで聞けるかもしれないんですね。
Posted by 織田信長(本人) at 2011年04月11日 13:34
>織田信長(本人)さん

コメントありがとうございます
ほぅ・・・そんなエピソードがあったんですね
モネールは当時ちょこちょこTVに出ていたので
よく覚えています
南米選手権に出場が決まれば
そのモネールもまた見れるかもしれませんね
地球の真裏から10万人近くの大観衆の「島唄」
是非聞きたいものです
Posted by ブルーラブ at 2011年04月12日 04:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スタッフの人柄
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。