チェルシー、サッカー日本代表、なでしこ、青色、BLUE,ブルー

清武弘嗣に働き過ぎ注意報




サッカー男子ロンドン五輪
アジア最終予選
第1戦

09月 日21日 (水)
鳥栖(日本)

日本  2 - 0  マレーシア

得点者
10分 東慶悟
76分 山崎亮平

先発
01 権田修一
02 酒井高徳
04 酒井宏樹
12 濱田水輝
13 鈴木大輔
03 扇原貴宏
08 山村和也
10 東慶悟
17 清武弘嗣
09 大迫勇也
14 原口元気

交代
59分 09 大迫勇也    → 11 永井謙佑
68分 10 東慶悟     → 07 山崎亮平
81分 03 扇原貴宏    → 16 山口螢

控え
18 安藤駿介
05 比嘉祐介
06 高橋祥平
07 山崎亮平
11 永井謙佑
15 山田直輝
16 山口螢


関塚監督

「やるべきことはやったので、
自信と勇気を持っていけとピッチに送り出しました。
早い時間帯に先制することができたが、
その後はチャンスがありながら決め切れなかった。
1点を守りきろうとする気持ちと、
追加点を決めようという気持ちで迷いがありました。
(永井がベンチスタートだったが)
前半はマレーシアが引いてくるだろうと、
ポストプレーが得意な大迫を起用し、
相手が疲れてくる後半に
スピードのある永井を投入しようと考えていました。
(今後の戦いに向けて)
われわれは成長しながらロンドンへ行きたいと思っています。
これからも応援よろしくお願いします 」

清武弘嗣

「勝てて良かったです。
(アシストについては)東がうまく決めてくれたので良かったです。
(2点目も起点となったが)謙佑(永井)が見えたんで出すだけでした。
自分も決められるところがたくさんあった。
次はきちんと決めたいと思います。
(終盤、足を引きずっていたが)
次は足がつらないように、
しっかりトレーニングをしたいと思います。 」
(C)JFA




女子に続いて
こちら男子も最終予選

日本は序盤から
清武と東を起点としたパスワークで
マレーシアを圧倒

10分
清武のパスを受けた東が落ち着いて決め
日本があっさりと先制に成功

その後も原口が
左サイドから積極的にドリブルで仕掛け
シュートを狙うなど
追加点は時間の問題かと思われた

しかし
マレーシアのGKカイルルが
ファインセーブを連発
なかなか追加点が取れない

前半の終わりごろは
序盤から飛ばしたつけが回ってきたのか
パスミスが目立ち始め
マレーシアの守備を崩せなかった

前半の嫌な流れを変えられず
マレーシアに守りを固められた日本は
アイディア無く
後方でのパス回しに終始

流れをを変えようと
関塚監督は
永井や山崎といった
スピードのある攻撃的な選手を投入

この交代により
攻勢を強めた日本は
ようやく次々と
チャンスを作り始める

31分
永井のパスから山崎が決め
ようやく追加点

その後も
永井や清武がチャンスを迎えるが
3点目を取る事は出来なかった
結果2−0の勝利

対戦相手と
ホームと言う事を考えたら
この結果は
少し不満といわざるをえない

少なくても
5−0くらいで勝てた試合だし
そうなればマレーシアも
意気消沈させられたのに・・・

どう考えたって
バーレーンとシリアは
もっともっと
手ごわいはずだからね

第2戦は
2ヶ月後なので
連携を含めた
良い準備をして欲しいですね

う〜〜ん
現在
日本で一番忙しい
清武弘嗣

怪我も心配だけど
ちょっと働き過ぎだよなぁ





ユナイテッドは確かに強いけど・・・



2011-2012   
プレミアリーグ
Week 05   

マンチェスター・ユナイテッド (H)  1−2 チェルシー (A)

得点者
08分 スモーリング
37分 ナニ
45分 ルーニー
46分 トーレス

先発
01  ツェフ
02  イバノビッチ
03  アシュリーコール
17  ボジングワ
26  テリー
07  ラミレス
08  ランパード
16  メイレレス
09  トーレス
10  マタ
23  スタリッジ

交代
62分 23  スタリッジ  →  15  マルダ
74分 10  マタ   →    09  トーレス
79分 39  アネルカ  →   06  ロメウ

控え
22  ターンブル
04  ルイス
06  ロメウ
12  ミケル
15  マルダ
18  ルカク
39  アネルカ


ビラス・ボアス監督

「奇妙な試合だったね。
とてもオープンなゲームだった。
どちらのチームにも、多くのチャンスがあったよ。
ラミレスのシュートが決まっていれば、
1−1にすることができていた。
その後で、ナニのワンダフルなゴールが決まった。
3点目は、不運なものだった」

「まだ始まったばかりだ。
今日の試合で
マンチェスター・シティが勝ち点を落とすとは思っていなかった。
つまり、何でも起こり得るということだね」

「我々が優勝を争えるレベルにあることを示したと思う。
我々はこれから、タイトルを争う。
ファーガソン監督が、
この考えに同意してくれていることはうれしいね」


チェフ

「サッカーの中で起こり得ることの一つだよ。
トーレスは素晴らしいゴールを決めていた。
動きも本当に良かったね。
ストーク戦でも良い動きをしていたし、
ゴールが決まらなかったのは運がなかっただけだ」

「レヴァークーゼン戦(13日)では、
2点とも彼がチャンスをつくった。
ユナイテッド戦の前半には、
ラミレスの決定機をお膳立てしている。
(ニアにいたラミレスでなく、ファーの)
ダニエル・スタリッジが触っていれば、
触るだけでゴールという場面だ。
彼に何があったのかは分からない。
でも、僕は心配していない。
彼はゴールを決めるよ。
ゴールを決めるし、チャンスもつくる。
ストライカーが毎試合ゴールを決めるのが理想だろうけど、
トーレスが毎試合2ゴールを演出するなら、
問題ないよ」
(C)goal.com




プレミアリーグ
今期初黒星

前半8分
左サイドからのFKを
アシュリー・ヤングが入れると
スモーリングがヘディングで合わせて先制

あまりに早い失点でしたね
これが
オフサイドの判定だったら
違った試合になったかも

12分
アンデルソンのパスを
インターセプトしたF・トーレスが
自らシュートに持ち込むも枠をとらえられず

26分
エリア左を突破したF・トーレスがクロス
ラミレスがフリーで合わせるも
GKデ・ヘアの好セーブ

37分
右サイドでパスを受けたナニが
ドリブルで持ち上がってエリア手前からミドル
ゴール左隅に豪快に突き刺して2−0

これは
若干DFの寄せも甘かったけど
凄いシュートでした
脱帽です

45分
フィル・ジョーンズの
オーバーラップから生まれたチャンスは
エリア内でテリーが対処したが

このクリアボールがナニに当たって
ボールがエリア内を転々
ゴール正面にいたルーニーが
難なくごっつあんゴールで3−0

後半のスタートから
ランパードを下げてアネルカを投入
その直後
アネルカのアシストからトーレスがゴール

これは上手かったね
久々小気味の良いトーレス

55分
ナニがエリア内で
ボジングワに倒されたとして
ユナイテッドがPKのチャンスを獲得

しかし
ルーニーは
軸足を滑らせてしまい
ボールは枠を外れた

83分
ラミレスのスルーパスに抜け出した
トーレスが
GKまでかわすも

無人のゴールにボールを転がすだけの場面で
シュートは枠外に・・・

今シーズン初黒星が
ユナイテッドで良かった・・・
というのは
単なる強がりだけど

正直
そんなに悪い試合じゃあ無かったと思う
結果自体と
トーレスの決定機外しはため息だけど

ユナイテッドも
世代交代の中
これだけの試合をしているのは
驚異的だけど

弱点が無いわけではないし
スコールズとネビルが引退し
本物の経験者といえば
ギグスだけ

DFも
なんとかやりくりしているけど
万全ではないし
もしルーニーが離脱したら・・・

長いシーズンは
始まったばかり

昨季は
チェルシーが
開幕ダッシュに成功するも
年が変る前後に失速

この試合の結果だけで
そんなに悲観する事はありませんよね











おかえりなさいバラック



2011-2012   
チャンピオンズリーグ
グループE
1回戦

チェルシー (H)  0−1 レヴァークーゼン (A)

得点者
67分 ルイス
92分 マタ

先発
01  ツェフ
03  アシュリーコール
04  ルイス
17  ボジングワ
26  テリー
12  ミケル
15  マルダ
16  メイレレス
09  トーレス
10  マタ
23  スタリッジ

交代
64分 23  スタリッジ  →  39  アネルカ
65分 16  メイレレス  →  08  ランパード
78分 04  ルイス    →  33  アレックス

控え
40  イラーリオ
08  ランパード
19  フェレイラ
20  マクイークラン
21  カルー
33  アレックス
39  アネルカ



ビラス・ボアス

「多くのポジティブなことがあるとき、
みんなはネガティブなことを探そうとする傾向があると思う。
我々はとても競争力のあるチームで、
日程は過密だ。
こういったレベルであれば、
私は決断をしなければいけないときがある」

「我々の今日のチームは、
試合に勝つために快適な戦いをした。
新しい戦い方を吸収するために、
みんなが努力している。
全員に満足しているよ。
誰もが努力を惜しまない。
流れるように攻撃して、良いプレーができた。
私はとても幸せで、満足しているよ」

「チェルシーの勝利は妥当な結果だった」


D・ルイス

「フェルナンド・トーレスは本当に良い人だ。
彼は今日、非常に良い試合をしたよ」

「2ゴールをアシストをした。
多くの人がノーゴールに終わったら、
フェルナンドがプレッシャーを感じていると話すけど、
僕は今シーズンのフェルナンドが多くのゴールを決めると知っている」
(C)goal.com




まずは結果
2−0でホームで勝利
良いスタートがきれて
ほっとしています

トーレスを先発に戻して
序盤からチャンスを作ってましたが
レヴァークーゼンも動きが良く
前半は0−0

後半12分
バラックが2列目から飛び出して
決定的なチャンスを迎えたが
ツェフの好守で安堵

後半18分
左サイドからのクロスに
スタリッジが合わせるも
相手GKのファインセーブ

その直後
チェルシーは
スタリッジとメイレレスを下げて
ランパードとアネルカを投入

後半22分
レヴァークーゼンが
バラックをアウグストに
交代させた直後

ルイスがドリブルで持ち上がると
左サイドにパス

中央へのグラウンダーのクロスを
F・トーレスが丁寧に落とし
ルイスがエリア左から
右足でシュート

これがゴール右隅に決まり
チェルシーが先制

後半ロスタイム
トーレスの突破から
マタのに折り返し
ゴールが決まって2−0

トーレスが
2アシストでしたね

最後のは
自分で打つかと思ったら
冷静にマタへ折り返しました
マタとはやはり相性がいいですね

さて
やはり
試合開始前の
温かい観客の歓迎と

試合後の
選手との抱擁が
バラックの人柄を
表していましたね

とても良い光景でした
本人も嬉しかったでしょうね

次節のマタも
同じくらい歓迎されるといいですね






スタリッジのおしゃれなシュート



2011-2012   
プレミアリーグ Week 04   

サンダーランド (H)  1−2 チェルシー (A)

得点者
18分 テリー
51分 スタリッジ
91分 チ・ドンウォン

先発
01  ツェフ
02  イバノビッチ
03  アシュリーコール
17  ボジングワ
26  テリー
07  ラミレス
08  ランパード
16  メイレレス
10  マタ
23  スタリッジ
39  アネルカ

交代
62分 23  スタリッジ  →  15  マルダ
74分 10  マタ   →    09  トーレス
79分 39  アネルカ  →   06  ロメウ

控え
40  イラーリオ
04  ルイス
06  ロメウ
09  トーレス
15  マルダ
20  マクイークラン
21  カルー


ビラス・ボアス監督

「トーレスを外したことが、
勇敢なことだとは思わない。
私の下には、
4人の素晴らしいストライカーがいて、
その全員がポジションを争っている。
それぞれが違う才能を持った選手で、
今日はアネルカをチョイスしたということだ。」

「試合はうまくいった。
これまでの試合でトライしなかったわけではない。
しかし、ここ3試合ではなかったことだね。
我々はとても良いプレーをした。
内容に満足しているよ」

「オーナーが私に話したことに集中しなければいけない。
我々は、そこにCLのトロフィーを加えなければいけない。
新しいことではないね。
ヨーロッパのタイトルは、誰にとっても夢だ。
しかし、そのレベルでの戦いは、
最も獲得が難しい。
大きな挑戦だ。
相手は1日休みが多いが、
勝ち点3を取らなければいけない」
(C)goal.com



試合前日に
ギャンが
UAEへ移籍と
サンダーランドはゴタゴタでした

やはり
集中力がたりないかな
と思わせるような
サンダーランドの選手達

一方
チェルシーは

スタリッジのプレミア初戦
メイレレスのデビュー
いろいろと
良い話題が多かったので

チーム状態は
対照的だったと言えますね

この日の前線は
アネルカをはさんで
マタとスタリッジ
トーレスはベンチスタート

新監督が
色々と試していますね

特別に出来が良かったとは思いませんが
スタリッジは
後半早い時間に
おしゃれなシュートを決めました

監督のコメントも
「4人の素晴らしいストライカーがいて」
というのは

ドログバ
アネルカ
トーレス
スタリッジ

という事になるのかなぁ
いよいよカルーはピンチですね

デビューのメイレレスも
ヘアスタイルは怖いですが
積極的なプレーが
多かったように思います

昨年は
とても苦しんだサンダーランド戦
今期はきっちりホームでも勝って
ダブルを難なく達成出来そうです




アウエーでウズベキスタンと引き分け


ワールドカップ2014
ブラジル大会
アジア3次予選

第2戦
2011年 09月 06日 (火) 
タシケント(ウズベキスタン)

ウズベキスタン  1 - 1  日本 

得点者
08分 吉田麻也
65分 岡崎慎司

先発
01 川島永嗣
03 駒野友一
06 内田篤人
15 今野泰幸
20 吉田麻也
07 遠藤保仁
17 長谷部誠
22 阿部勇樹
09 岡崎慎司
10 香川真司
19 李忠成


交代
46分 22 阿部勇樹  →  11 清武弘嗣
65分 19 李忠成   →  18 ハーフナー・マイク
82分 03 駒野友一  →  05 槙野智章

控え
21 西川周作
23 権田修一
02 伊野波雅彦
04 栗原勇蔵
05 槙野智章
08 柏木陽介
11 清武弘嗣
13 細貝萌
14 増田誓志
16 田中順也
18 ハーフナー・マイク
21 原口元気


ザッケローニ

「もう少し(試合が)よい方向に進めばよかった。
前半は選手たちの距離が遠く、苦しんだ。
後半はペースが上がり、
勝ち点1を獲得することができた。
ウズベキスタンは非常にいいチームだ。
われわれは前半よくなかったが、
相手を称賛しないといけない。
ポイントとなる選手をしっかり抑えられなかったので、
選手交代を行ったが、
出場した選手はよくやってくれた。
このチームは気持ちを入れてプレーをしてくれる」
(C)goal.com

【送料無料】ザッケローニの言葉


序盤から両チーム共に
積極的にゴールを狙う激しい展開
ウズベキスタンは8分、
ジェパロフが先制ゴール

その後も
カパーゼとゲインリフを中心に
カウンターで日本ゴールを
たびたび脅かす

日本は
左サイドの駒野の
積極的攻め上がりから
たびたびチャンスを迎えるが

李のシュートが
ポストをたたくなど
あと一歩で得点できない

ウズベキスタンが1点をリードで
前半終了

1点をリードされた日本は
後半から清武を投入して反撃を開始

真ん中にポジションを移した香川が
積極的にボールに絡み
ウズベキスタンのゴールを
脅かしていく

後半20分
内田のクロスから
岡崎が得意のダイビングヘッドで決め
日本が同点に追いつく

ホームでの勝ち点3を狙うウズベキスタンは
シャツキフを入れ
攻勢を強めるが
日本は守備陣が体を張り勝ち越しを許さない

両チームが激しい攻防を繰り広げた一戦は
結局1−1で終了
日本はアウエーで
価値ある勝ち点1をもぎ取った

「勝てた」
とも言えるし
「負けていてもおかしくなかった」
ともいえる

という事で
アウエーで一番難敵と思われる
ウズベキスカン相手に
勝ち点1

とりあえず
まあまあの結果でしょうね

阿部勇樹の先発は
おもった通りにいかなかったけど
遠藤ではなく
長谷部を前目で使った方が問題かなと・・

清武は
本当にいいですね
ハーフナーも
代表に定着出来そうですね






ハーフナー・マイクという新たな武器



ワールドカップ2014
ブラジル大会
アジア3次予選

第1戦
2011年 09月 02日 (金) 
埼玉(日本)

日本  1 - 0  北朝鮮 

得点者
94分 吉田麻也

先発
01 川島永嗣
03 駒野友一
06 内田篤人
15 今野泰幸
20 吉田麻也
07 遠藤保仁
08 柏木陽介
17 長谷部誠
09 岡崎慎司
10 香川真司
19 李忠成


交代
60分 08 柏木陽介  →  11 清武弘嗣
70分 19 李忠成   →  18 ハーフナー・マイク


控え
21 西川周作
23 権田修一
02 伊野波雅彦
04 栗原勇蔵
05 槙野智章
11 清武弘嗣
13 細貝萌
14 中村憲剛
16 田中順也
18 ハーフナー・マイク
20 西大伍
21 原口元気
22 阿部勇樹



ザッケローニ

「北朝鮮もすべての力を出し切ってきて、
我慢を強いられる試合だったが、
最後まで我慢して、決め切れたことは素晴らしかった。
ナイスゲームだった。
いい感じで相手を押し込めていたので、
まだかまだかと待っていたが
麻也(吉田)が最後によく決めてくれた。
ナイスゴールだった」
(C)goal.com



結果が全ての
W杯予選

苦しかったけど
諦めかけたけど
(観ている方は)
勝ててなによりでした

最後のパワープレーで
ハーフナーのミドルも
今野のボレーも
バーに嫌われた時は諦めかけた・・・

柏木はJリーグでも
いい働きしているし
ザッケローニが期待するのも
良く分かるんだけど

代表では
決定的な働きが
なかなか出来ませんね
なんか前田を見ているようだ

先日の韓国戦でAデビューの
清武が
この日も決めてとなるプレーしたから
立場逆転かな

とはいえ
伸び盛りの清武が
この試合でも活躍したのは
うれしいし

平山が故障中に
ハーフナーという
高さのオプションを得られたのは
大きな収穫でしたね

もっともっと
若い選手の押し上げがあれば
現メンバーも刺激になって
さらに良くなりそうですね

シリアが失格になって
代わりはタジキスタン

次の
アウエーのウズベキスタン戦で
勝ち点3を取れれば
かなり楽になりますね

まぁ
3次予選なんで
普通に1位で通過して欲しいのが
本音ですけど

出来たら
この試合のような
ミラクルは
最終予選にとっておいて欲しかった





スタッフの人柄
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。